AGARAKiiLifeみかんKiiSearch
紀伊民報道AGARAのみなべ・田辺観梅情報
観梅ニュース
田辺梅林が4日開園へ 見頃は2月中旬以降
  
 和歌山県田辺市上芳養の紀州石神田辺梅林が4日に開園するのを前に、紀州田辺観梅協会は1日、観光や行政関係者らを梅林に招いてオープニング式典を開いた。
 
 梅林は標高約300メートルの山の斜面に広がり、太平洋を眺める展望台もある。2015年12月に認定された世界農業遺産「みなべ・田辺の梅システム」の梅栽培地の一つとして注目されている。
 
 開花状況は、あちらこちらで数輪が咲き始めたところ。見頃は中旬以降とみている。
 
 式典には協会の会員のほか、仁坂吉伸知事や真砂充敏田辺市長ら約70人が出席した。石神忠夫会長が「世界農業遺産に認定されたことで、昨年は遺産に関する質問が多かった。今年もその延長になると思っている。これから1カ月間、多くの方と交流し、地域の大イベントとして総出で頑張りたい」とあいさつした。
 
【写真】70人が参加して梅林開園期間中の盛況を願ったオープニング式典(1日、和歌山県田辺市上芳養の紀州石神田辺梅林で)
[戻る]
 
おすすめの紀州梅干しはコレ
キーライフグルメ
湯めぐり
和歌山のNEWS・情報サイト
■AGARA
■KiiLife





AX