AGARAKiiLifeみかんKiiSearch
紀伊民報道AGARAのみなべ・田辺観梅情報
観梅ニュース
岩代大梅林も4日開園 夕日の風景も楽しんで
 
 和歌山県みなべ町岩代地域にある岩代大梅林が4日、開園する。1月31日には観梅協会関係者らが出て、国道沿いに案内板やのぼりを設置するなど準備を整えた。今年は対象商品を購入するとペア旅行券(20万円相当)が当たる抽選会をするほか、夕日に照らし出される梅林の風景を楽しんでほしいと、見頃時季の土、日曜は日没まで開園する。週末にはライブや芸能まつりなど多彩な催しもある。

 観梅協会は昨年、それまでの梅の花など写真を使ったポスターやチラシを一新。「パンダのついでで、いいんです。」というキャッチコピーで、白浜町のパンダを見に来た観光客も呼び込もうと宣伝した。これが話題になったといい、今年も昨年同様の文句とパンダから梅の花へと矢印を向けたデザインのポスターやチラシで誘客を図る。ホームページでも情報発信する。
 
 ペア旅行券は、5日と25日に、売店で対象商品を購入した人が抽選券をもらえる。今年は夜のライトアップはないが、夕日に照らされる梅林の風景が美しいので楽しんでほしいと、普段は午後4時までの開園時間を、花が見頃となった時季の土、日曜は日没まで延長する。今年もスイートポテトが入った芋餅を販売する。
 
 1月31日現在、花はちらほらと咲き始めで、見頃は今月中旬ごろになるのではないかとみている。入園料は大人250円、小人100円。駐車料金は軽・普通車300円、大型車500円。開園時間は午前9時〜午後4時。問い合わせは岩代大梅林観梅協会(090・3614・8604)へ。
 
【写真】開園を前に案内板を設置する観梅協会の関係者(1月31日、和歌山県みなべ町東岩代で)】
[戻る]
 
おすすめの紀州梅干しはコレ
キーライフグルメ
湯めぐり
和歌山のNEWS・情報サイト
■AGARA
■KiiLife





AX