AGARAKiiLifeみかんKiiSearch
紀伊民報道AGARAのみなべ・田辺観梅情報
観梅ニュース
修学旅行で観梅 みなべ町に埼玉の高校生
 
 埼玉県川口市、川口工業高校の2年生(180人)が7、8日、修学旅行で和歌山県みなべ町を訪れ、教育旅行用体験メニューを楽しんだ。7日には同町晩稲の南部梅林をガイドの案内で巡った。同町によると、修学旅行生のガイド付きの観梅は初めてだという。

 同校では今年、いくつかあった修学旅行コースの候補の中から、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンなどを訪ねる大阪府と和歌山県のツアーがセットになった3泊4日の関西コースを選んだ。

 みなべ町には7、8日に訪れ、いくつかのグループに分かれて、清川のみなべ川森林組合でピザ焼きやまき割りなど、山内の梅加工会社ウメタで梅干し作り、晩稲では観梅と岩本食品で梅ジャム作り、堺では紀州日高漁協で干物作りなどの教育旅行用体験メニューを利用した。

 晩稲を訪れた生徒は、みなべ観光ガイドの会の津村二三子さん(68)と坂本恭子さん(60)の案内で見学。約4キロの観梅コースをゆっくり歩きながら、梅畑を開墾した歴史や南高梅の品種、世界農業遺産「みなべ・田辺の梅システム」などの解説に耳を傾けた。


【写真】ガイド(右)の案内で観梅コースを巡る修学旅行生=7日、和歌山県みなべ町晩稲で
[戻る]
 
おすすめの紀州梅干しはコレ
キーライフグルメ
湯めぐり
和歌山のNEWS・情報サイト
■AGARA
■KiiLife





AX