AGARAKiiLifeみかんKiiSearch
紀伊民報道AGARAのみなべ・田辺観梅情報
観梅ニュース
梅林に剪定枝の動物アート
 
 南部梅林内には今シーズン、梅の剪定(せんてい)枝で作った動物アートを飾り、来場者を楽しませる。

 同町埴田のイラストレーター、松下恭子さん(39)が昨年12月からシカやイノシシを作った。剪定枝がやわらかいうちに丸めたり、針金で留めたりしながら形を整えた。
 
 シカは高さ約2メートル、長さ約1・5メートル。花が咲いたら、角の部分に花の咲いた枝を飾ることも考えているという。松下さんは「梅林を訪れた人が作品を見て、少しでも心和ませてもらえたらうれしい」と話す。

【写真】梅の剪定枝で作ったシカやイノシシ
 
[戻る]
 
おすすめの紀州梅干しはコレ
キーライフグルメ
湯めぐり
和歌山のNEWS・情報サイト
■AGARA
■KiiLife





AX