AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

「鶴保沖縄相に問う」

 拝啓 鶴保庸介沖縄北方担当相殿。和歌山県に住む人間の一人として、県選出の貴殿に質問がございます。県民がいわれなく「ぼけ、土人が」とののしられても感情が損なわれませんか。

 ▼沖縄県の警備現場で、大阪府警の警察官が現地の人に「ぼけ、土人が」と叫んだことに関する貴殿の発言が波紋を呼んでいます。参院内閣委員会などでの「(発言が差別かどうか)私が判断できるものではない」「県民感情を損ねているかどうかはしっかり、つぶさに見ていかなくては」などという発言です。

 ▼政府と沖縄県はいま、米軍基地の移設計画などをめぐって厳しい対立を続けています。訴訟も起きています。その背景に、長く差別と苦難の歴史を背負わされてきた県民の強い感情があることは、ご承知のことでしょう。

 ▼そこで出てきた「土人発言」です。沖縄振興の担当として双方の対立を解き、溝を埋める責任を有する貴殿がこの発言の差別性を判断できない、県民感情を傷つけたかどうかも判断できない、といわれることが理解できません。

 ▼一度、これをわがこととしてお考えになればどうでしょう。それでもことの本質が理解できないというなら、それは担当相の資質に欠けるということではないでしょうか。

 ▼なお「土人発言」に関して、菅義偉官房長官や金田勝年法相が「許すまじきこと」「差別用語に当たる」などの認識を表明されています。念のために付記しておきます。 敬具(石)



更新)