AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

「隣国との関係」

 隣国との関係は悩ましい。トランプ米大統領は予告通りにメキシコとの国境に壁を建設するという。旧植民地処理を見事に果たした英国も、隣国アイルランドとの関係には手を焼いた。

 ▼日韓の慰安婦問題は、釜山領事館前の少女像設置で振り出しに戻った。オバマ米前大統領の説得も無駄になった。韓国政府の機能不全も大きい。

 ▼折から韓国の大田地裁は、韓国の窃盗団が長崎県対馬市の観音寺から盗んだ仏像を韓国の浮石寺に戻せとの判決を出した。韓国政府自身「確証はない」といっていたのに、14世紀に倭寇(わこう)が同寺から盗み出したと断定したのだ。国内の反日感情に迎合したとしか思えない。

 ▼一方、ソウル東部地裁は、著書『帝国の慰安婦』で慰安婦らの名誉を傷つけたとして起訴された朴裕河・世宗大教授に無罪を言い渡した。この本は、問題の本質に学問的に取り組んだとして日本でも翻訳され、評価が高かった。

 ▼冷静な対応が困難な韓国で出版が差し止められ、民事訴訟でも敗訴していたから、判決は私には意外だった。朴教授は「韓国がさまざまな問題を克服する転換点になってほしい」と語ったが、検察は上告した。

 ▼最近、JR新大久保駅で線路に落ちた日本人を助けようとして落命した韓国人留学生・李秀賢さんの16回忌があった。李さんの両親は「両国関係に胸が痛む」と語った。不信の氷をこれ以上厚くしないよう、韓国の成熟を祈るばかりだ。(倫)



更新)