AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

「父の日の記念」

 18日の父の日を前に、本紙の「パパママひろば」に子どもたちが描いたお父さんの絵がカラーで紹介された。本紙折り込みのフリーペーパーには約30人の子どもたちが写真入りで登場、日ごろは伝えにくい父親への感謝の気持ちを話してくれた。

 ▼それにしても、母の日に比べて父の日は影が薄い。日本生命のアンケートによると、父の日にプレゼントを贈る人は回答者の42・7%で、調査を始めた2013年以降4年連続で減少した。母の日にプレゼントを贈る人は同様の調査で76・2%いるからその差は大きい。家庭内でのお父さんの地位はやはり低下しているのだろうか。

 ▼プレゼントの内容をみると「贈るもの」と「欲しいもの」のトップはいずれも食事・グルメ。これは予想通りだったが、興味深いのは「手紙・メール・絵」についての回答結果。贈る予定の順位は8位、欲しいものの順位は4位だが「もらって一番うれしかったものは何ですか」という問いでは1位になっている。物よりも気持ちの方が心に響くのだろう。

 ▼わが家では毎年、東京で暮らしている子どもたちから銘酒が届く。居間の壁には長男が幼稚園で描いた輪郭だけの私の似顔絵がいまも貼ったままになっている。あらためて眺めると、その一角だけが30年、時間が止まっているように感じる。

 ▼紙面に掲載されたイラストや写真も、時を越えて家族の記念になるのだろうか。そうであればうれしい。(長)



更新)