AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

「排水管と血管」

 異変に気付いたのは、3カ月ほど前だった。夜になると台所から「ぶくぶく」「ぼこぼこ」という音が聞こえてくる。どうも、流し台の排水口から空気が吹き返しているようだ。原因が分からなかったが、しばらくして、風呂の支度をするのに湯船の水を抜いた際に起きることが分かった。

 ▼20年ほど前に宅地内の下水工事をした際、工事業者から「マンホールにごみが集まるのでまめに掃除してください」と言われていたのを思い出した。ふたを開けると中にはごみや泥、油の塊があったので取り除いた。ところが吹き返しは改善せず、日を追ってひどくなるばかりだった。

 ▼こうなると素人の手には負えない。専門業者に点検を依頼したところ、風呂場の下流で排水管が詰まり、水が流れなくなっていることが分かった。清掃用のパイプを差し込んでもらうと、水といっしょに流れ出てきたのは石のように硬くなった白い油の塊。器具だけでは取り切れず、薬剤を流し込んで溶かしてもらった。

 ▼清掃を終えた業者いわく「排水管も人間の体も同じですよ」。そう聞いて、血管が徐々に詰まっていく様子が生々しく頭に浮かんだ。和歌山県は血管に関連した病気の死亡率が高く、女性の心疾患は全国2位、男性の脳血管疾患は3位というから注意が必要だ。

 ▼排水管はきれいに清掃できたが、血管は簡単に清掃できない。詰まらせないためには、日頃の摂生が大切だと肝に銘じた。 (長)



更新)