AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

「方言」

 先日、久しぶりに帰郷した田辺のホテルで、紀南方言のクイズをやっていた。テレビが普及して日本語の標準化が進み、ローカル色が衰微する中、地元の方言はやはり耳に心地よい。

 ▼クイズに出されたのは「ほたえる=騒ぐ」「ひしる=叫ぶ」「たってくる=飽きる」「つんでる=混んでいる」「ふうわるい=かっこ悪い」だった。隣には「ほいて=それから」「やにこい=ひじょうに」を連発する友人がいて、懐かしかった。

 ▼紀州弁は大阪弁の影響が強い。その大阪弁を辺り構わず口にする中年男性に、先日、全国から集まったグループのツアーで出会った。「堂々たる大阪弁ですね」というと「いまや関西弁は日本のメジャーですわ」と胸を張る。確かにお笑いの世界ではそうだ。天童よしみさんの歌ではないが、それは「負けたらあかんで東京に」の心意気と見た。

 ▼大阪ことばに詳しい牧村史陽氏の話だったと記憶するが、大阪の天王寺動物園で猛獣のおりの前に危険を警告する掲示が出た。ズバリ「かみまっせ」の一言。気取った標準語と違って、意味は即座に通じる。

 ▼合田一道氏の『日本の奇祭』を読むと、全国には「尻振り祭り」「一夜官女祭り」など、地方文化の基調となる多彩な祭りが至る所にある。その底辺には、共通意識を支える地方の言葉がある。

 ▼「ほいて、地方の衰退が叫ばれて久しいが、まず地方弁を大事にしたいと、やにこう思うたんやでぇ」 (倫)



更新)