AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

「よみがえりの旅」

 首都圏に住む女性らが熊野を楽しみながら情報を発信しようと設立した「熊野古道女子部」の合宿を記録した動画が完成し、投稿サイト「ユーチューブ」で公開されている。田辺市の滝尻王子から熊野本宮大社に至る38キロ、1泊2日の旅を収録。予告編と本編16話、おまけ2編という大作である。

 ▼同市龍神村在住の映像作家、中島英介さんが撮影、ユーモアたっぷりに編集している。古道のシンボルの一つ牛馬童子像の前では「意外に小さい」と一言。熊野詣での要所・近露王子を素通りし、近くの喫茶店に駆け込むなど「花より団子」の女子旅が続く。初日は天候に恵まれたが2日目は雨にたたられた。苦行を味わった代わりに、霧にかすむ絶景の山並みに出合う。

 ▼呼び掛け人で紀行作家の高森玲子さんらは、熊野本宮大社の式年大祭に合わせて13日から第2回の合宿を開催しているが、今回も天気予報は怪しい。もしかしたら山の女神が試練を与えているのかもしれない。

 ▼最近は古道を歩く外国人が増えた半面、日本人ハイカーが少ないように感じる。そういった中で彼女らは心強い応援団である。同時に彼女らの感想はおもてなしの参考になりそうだ。道のりが険しければ険しいほど宿と食事、温泉のありがたさが身に染みる。

 ▼合宿のテーマは「熊野古道を本気で歩いて、人生をよみがえらせる」だった。彼女らが首尾よくよみがえれたかどうかは、動画でどうぞ。 (長)


更新)