AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

「男の家事」

 13日付本紙に育児休暇を取得し、家事や育児に奮闘する田辺市職員の話が掲載されていた。「授乳と寝かしつけ以外はすべてする。食事、洗濯、掃除、家計簿…。家事の技術は向上した」。夫婦で協力して子育てする姿が目に浮かんできた▼共働きの夫婦が多くなり、男性が家事をするのは当たり前の時代になった。育休を取るまでに至らなくても、奥さんと家事を分担し、料理が得意な人もいる。しかし、年代が上がるにつれて、その傾向は薄まる。情けないが、私もその一人だ▼先日、妻が所用で5日間、家を留守にした。あらかじめ料理を作って冷蔵庫に入れてくれていたので助かったが、仕事を終えて帰宅し、犬を散歩させたり、猫のトイレを処置したりするのは結構面倒だった。犬猫に餌を与え、夕食を済ませた後も食器洗いなど片付けが待っており、自分ではほとんど使ったことのない洗濯機も動かした▼普段風呂を掃除したり、洗濯物を片付けたり、ごみ出しをしたりする程度が自分の役目と勝手に線引きしていたが、やるべき家事は多い。妻に頼り切っている日常生活を実感した。そういえば、家の貴重品の保管場所も知らないありさまだ▼「男やもめにウジが湧き、女やもめに花が咲く」。夫に先立たれた女性はかえって身ぎれいになるが、妻がいなくなった男一人の所帯は汚くなるということわざだ。私のような中高年に警鐘を鳴らしているかのようだ。(河)


更新)