AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

「逃走男と警察」

 真っ黒に日焼けした青年が、自転車に大量の旅行道具を積んで日本一周に挑戦している姿を見掛けたら、ほとんどの人は信用し、親切にしてしまうだろう▼留置中の大阪府警富田林署から逃走し、山口県周南市内の道の駅で万引をしたとして現行犯逮捕された男(30)の事件である。逃走直後からマスコミで大きく報道される中、中国・四国地方を自転車で悠々と旅していた。愛媛県庁を訪ねたり、道の駅で職員らと交流したりする様子は、まるでテレビドラマや映画のような逃走劇。男の大胆な演技に舌を巻く▼一方で、逮捕されるまでの約50日間の足取りが気に掛かる。逮捕時点の所持金は280円。自転車は、逃走当日に大阪府羽曳野市で盗まれたもので、ミニバイクによるひったくり事件に関与した疑いもある。逃げるための手段として、さらなる罪を犯していないか、捜査が続いている▼府警は約3千人態勢で捜索し、男を全国に指名手配していた。なのに堂々と捜査の網をくぐり抜けていた。事件発生から約20日後に、高知県警の警察官が県内の道の駅で男に職務質問をしていたことが判明したが、通報を受けて2人の警察官が現場に駆け付けていながら、自転車の防犯登録照会をせずに取り逃がしていたという▼かねてから、日本の警察は優秀だと信じていたが、昨今、県警をはじめ全国で警察官が容疑者となる不祥事も続いている。寂しい限りだ。(河)

更新)