AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

「プロ野球キャンプ」

 プロ野球の12球団が2月から一斉にキャンプに入った。昨年、甲子園を沸かせた高校生や実力選手がFAで加入した球団は注目度が高く、スポーツニュースなどで取り上げられている▼キャンプ地は、温暖で受け入れ態勢が整っているためか、ほぼ宮崎県と沖縄県に集中している。休日には紅白戦もあり、全国からファンが詰め掛け、経済効果は計り知れない▼この季節になると、田辺市にプロ野球の南海ホークス(現福岡ソフトバンクホークス)がキャンプに訪れていたことを思い出す。40年以上前のことで、当時の監督は選手兼任の野村克也氏。主力選手には江本孟紀、門田博光、広瀬叔功氏らがいた。箕島高校時代、甲子園で優勝した島本講平選手もいた▼父親が南海ファンだったこともあり、市内にあったグリーン球場へ見学に行った。中でも1976年のキャンプは、阪神のエースだった江夏豊投手が江本投手らとのトレードで移籍してきて、盛り上がった▼江夏投手は貫禄十分。球場を移動する際は多くの子どもが群がっていた。僕もスター選手を間近で見て興奮したことを覚えている▼近年、田辺市や上富田町には魅力的なスポーツ施設が整備され、社会人や大学生の野球部、サッカー部、ラグビーチームが合宿に利用している。近隣の白浜町には温泉があり、広域でスポーツ合宿の誘致にも取り組んでいる▼この地で再びプロ野球のキャンプを見たい。 (河)


更新)