AGARAKiiLifeみかんKiiSearch
ホーム > Digital PR Platform

ネットワンパートナーズ、Jリーグ・大分トリニータのホームゲームで、デジタルサイネージソリューション「Cisco Vision」を活用した実証実験を実施
2017年9月8日 11時30分0秒


~映像を活用した参加型企画で、来場者満足度の向上とスポンサーの露出拡大を実現~



 ネットワンパートナーズ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役 社長執行役員:川口 貴久)は、9月2日に開催されたJリーグ・大分トリニータのホームゲームにおいて、スタジアム向けデジタルサイネージソリューション「Cisco Vision」を活用した、来場者の満足度向上及びスポンサーの露出拡大に向けた実証実験を実施しました。

 この実証実験は、大分トリニータのオフィシャルパートナーをネットワングループが務めており、社名を冠したイベント「ネットワンわくわくスタジアムデー」の一環として実施したものです。



 当日は、来場者満足度向上の主な施策として、選手の等身大映像をスタジアム内に設置したディスプレイに「Cisco Vision」で配信し、サポーターが一緒に写真撮影できる参加型映像コンテンツを提供しました。さらに、これらの写真をSNSに投稿いただくと、スタジアム内の大型ビジョンに自動的に投影される仕組みも用意し、“発信/共有”による新しい楽しみ方を体感いただきました。

 また、スポンサーの露出拡大の施策として、複数社のスポンサーCMを「Cisco Vision」で同じディスプレイに配信し、多くのサポーターの目に触れる機会を新たに創出しました。



 これらの実証実験に対する来場者アンケート(807名が回答)の結果、90%の方に映像配信が「面白い」と回答いただき、また、85%の方にSNSと大型ビジョンとの連動が「面白い」と回答いただきました。さらに、82%の方が、スタジアムへ足を運ぶ機会が「増える」と回答しています。



 ネットワンパートナーズは、既にパートナー企業経由で「Cisco Vision」の導入実績を有しており、大容量の映像配信を実現する有線/無線ネットワーク技術と今回の実証実験によるノウハウも組み合わせ、スタジアムの新しい価値創出に向けた提案を加速します。



※「Cisco Vision」を活用した実証実験の様子の写真は以下よりご覧いただけます。

http://www.netone-pa.co.jp/news/news20170908.html



■ 「Cisco Vision」について

 近年、スタジアムやエンターテインメント施設において、デジタルマーケティングの活用を通じた利益拡大と来場者満足度向上への要望が増えています。

 「Cisco Vision」は、これらの要望に応えることを目的としたデジタルサイネージソリューションです。特徴は、4Kビデオ/HDストリーミングといった高解像度映像のライブ配信が可能な点、及び、配信先のディスプレイの管理や配信映像の管理を一元化可能な点です。これらによって、会場内のライブ映像や広告コンテンツをターゲットに応じて柔軟に配信することができます。



■ 実証実験の詳細

 大分トリニータのホームスタジアムである大分銀行ドーム(所在地:大分県大分市、収容可能人数:4万人)において、多くの来場サポーターが行き交う入場ゲート2か所にディスプレイを設置し、株式会社大分フットボールクラブの協力を得て、以下の映像を「Cisco Vision」で配信しました。

 - サポーターが一緒に写真撮影できる、私服姿・ユニフォーム姿の選手の等身大映像

 - 過去のゴール集を中心としたメモリアルVTR

 - ネットワングループと大分トリニータの9年の軌跡VTR

 - スポンサー9社のCM



 さらに、デジタルサイネージを活用した新しい楽しみ方を提供するために、フォトコンテストの形式を取り入れた参加型企画を実施しました。

 具体的には、まず、サイネージ上の選手と撮影した写真にハッシュタグ「#ネットワンわくわく2017」をつけてSNSへ投稿いただくことで、来場サポーターそれぞれの楽しみを“発信/共有”できる場を提供しました。さらに、これらの写真は、SNS連動型のサイネージ専用ソフトウェアでスタジアム内の大型ビジョンへ投影される仕組みを実現しており、会場全体で“共有”するとともに本企画での“発信”を促進しました。最後に、投稿された写真の中から選ばれた受賞写真をハーフタイムに大型ビジョンで発表し、非売品の選手サイン入り公式練習着等をプレゼントしました。



■ 株式会社大分フットボールクラブのコメント

 株式会社大分フットボールクラブ 代表取締役の榎徹様から次のコメントを頂いております。

 「試合に来たときの非日常感をもっと演出して、よりよい体験をして欲しいと思っています。実際にファンの方々が集まって楽しんでいる様子もみて、より期待が高まりました。来場して試合を応援して帰るだけではなく、始まるまでの時間やチームとの距離感を縮めることで、よりのめり込んでいただき、また来たいと思ってもらいたいと考えています。デジタルサイネージやICTを活用することで参加型のコンテンツを提供できることは、そのひとつとして有効だと感じました。」





<ネットワンパートナーズ株式会社について>

ネットワンパートナーズ株式会社は、2008年11月に設立した、ネットワンシステムズ株式会社のグループ会社です。パートナー企業との協業ビジネスに特化し、ネットワンシステムズが販売可能な全ての商品群(サービスを含む)、およびネットワンパートナーズ独自のソリューションや製品を、販売支援・導入から保守・運用サービスまで含め、パートナー企業向けに付加価値とともに販売します。詳細は www.netone-pa.co.jp をご覧ください。



※ 記載されている社名や製品名は、各社の商標または登録商標です



<本件に関するお客様からのお問い合わせ先>

ネットワンパートナーズ株式会社

Tel:03-6256-0700 / E-mail:info-sales@netone-pa.co.jp



<本件に関する報道関係各位からのお問い合わせ先>

ネットワンシステムズ株式会社 広報・IR室:西田武史

Tel:03-6256-0616 / E-mail:media@netone.co.jp