AGARAKiiLifeみかんKiiSearch
ホーム > Digital PR Platform

アライドテレシス(株)、アズビル セキュリティフライデー(株)とSecure Enterprise SDN(SES)ソリューションで連携~Windows通信を悪用するサイバー攻撃対策~
2017年9月11日 18時0分0秒


アライドテレシス株式会社(本社 東京都品川区、代表取締役社長 大嶋章禎、以下アライドテレシス)と、アズビル セキュリティフライデー株式会社(神奈川県藤沢市、代表取締役 佐内大司、以下アズビル セキュリティフライデー)は、アズビル セキュリティフライデーのネットワークセンサ「VISUACTTM-X」をアライドテレシスのSDN/アプリケーション連携ソリューション「Secure Enterprise SDN(SES)」と組合せ、SDNによるネットワークセキュリティの強化ソリューションを提供して行くことに合意しましたので発表いたします。



アズビル セキュリティフライデーの「VISUACT-X」は、ITシステムに侵入したサイバー攻撃を検知するネットワークセンサです。ITシステムの内部への侵入を許してしまったサイバー攻撃をリアルタイムで検知します。拡散や基盤構築などの攻撃準備をしている段階でいち早く検知することで、大きな被害が発生する前に対策をとることが可能になります。VISUACTシリーズは、国内の大手企業や官公庁、捜査・研究機関を含む約700ユーザに導入されています。



<特長>

◆ITシステムを流れる膨大な通信の中からサイバー攻撃だけを検知/通知します

◆インシデント事後調査に必要となる管理者レベルのネットワークアクセスを記録します

◆ネットワーク監視型を採用しているため、他のシステムに干渉しません



VISUACT-Xは、稼働中のITシステムに悪影響を及ぼすことなく低リスクで導入できます。また、他のセキュリティシステムと組み合わせることで、より精度の高いサイバー攻撃検知システムの構築を実現できます。



アライドテレシスの「Secure Enterprise SDN(SES)」は、SDN技術をエンタープライズ市場に適応させ、企業向けアプリケーションとネットワークを連携/連動させることにより、セキュリティの強化、および、ネットワーク運用管理にかかる工数/コストの削減を実現します。



VISUACT-Xにより、近年、多様化・巧妙化しているランサムウェアやマルウェア等のサイバー攻撃が特に悪用する Windows*の通信プロトコル「Server Message Block」(SMB)による組織内通信を監視し、サイバー攻撃を検知します。サイバー攻撃を受け感染した端末を検知した際、管理者による制御指示メールにて被疑端末の通信を遮断、もしくは、VLAN隔離することで被害、および、内部拡散を防止する内部対策ソリューションを提供いたします。





【アズビル セキュリティフライデー株式会社】

アズビル セキュリティフライデーは、azbilグループの一員として、2000年4月にアズビル株式会社のネットワークセキュリティ技術の研究部門として発足、2003年4月に株式会社化しました。技術では解決できない、人を中心とした本質的なセキュリティ問題の解決を目指し、人々にしあわせをもたらすソフトウェアを提供しています。

http://www.securityfriday.com/jp/



【アライドテレシス株式会社について】

アライドテレシス株式会社は、ネットワーク専業メーカーとして、企業、医療、自治体・文教などあらゆる分野において、先進のテクノロジーによる高信頼なネットワーク製品、ソリューション、ITサービスをご提供しています。

https://www.allied-telesis.co.jp/

以上





【本リリースに関するお問い合わせ先】



アライドテレシス株式会社  マーケティングコミュニケーション部 田中利道

TEL:03-5437-6042  FAX:03-5437-6044  E-Mail: totanaka@allied-telesis.co.jp



アズビル セキュリティフライデー株式会社 営業部 内田秀和

TEL:0466-26-5666  E-Mail: sales@securityfriday.comjp



・VISUACTはアズビル株式会社の商標です。

・Windows は米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標です。

・プレスリリースに掲載されている会社名および製品・サービス名は各社の登録商標または商標です。

・プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。