AGARAKiiLifeみかんKiiSearch
ホーム > Digital PR Platform

金沢大学が「日露をつなぐ未来共創リーダー育成プログラム」のキックオフシンポジウムを開催 -- 文部科学省「大学の世界展開力強化事業」採択事業
2018年2月5日 20時5分5秒






金沢大学(石川県金沢市/学長:山崎光悦)は1月17日、金沢市内において「大学の世界展開力強化事業 日露をつなぐ未来共創リーダー育成プログラム キックオフシンポジウム」を開催した。これは、今後5年間をかけて実施される同事業の取り組みを広く周知するとともに、各界からの意見を事業に生かすことを目的としたもの。当日は国内外から120名以上が参加した。









 シンポジウムは山崎光悦学長による開会のあいさつに始まり、文部科学省大臣官房の信濃正範審議官のあいさつの後、特定非営利活動法人日本・ロシア協会の森喜朗最高顧問によるビデオメッセージが流された。続いて、外務省欧州局ロシア課の島桂一企画官(兼日露経済室長、ロシア交流室長)が「Recent Development of Japan-Russia Relations -Eight-point Cooperation Plan-」と題する基調講演を行った。

 さらに、大谷吉生副学長が事業の取り組みに関して説明し、同大関係者が学生交流プログラムの概要を説明した後、9つの連携大学・機関が紹介を行った。



 また、同日にはロシアの連携機関が山崎学長を表敬訪問。カザン連邦大学のイルシャト・ガフロフ学長や、タタルスタンがんセンターのイルダル・ハイルリンセンター長など20名が出席。

 山崎学長のあいさつの後、カザン連邦大学とのダブルディグリープログラムに関する合意書、タタルスタンがんセンター・カザン連邦大学との協定、サンクトペテルブルク医科大学との協定の調印が執り行われた。



 金沢大学は今後、国内外の連携大学・機関と協働で行う多層的な交流プログラムの実施によって、同事業を推進していく。また、同事業を通じて、16年の日露首脳会談で安倍総理大臣がプーチン大統領に提示した、大学等の人的交流の抜本的拡大を含む「ロシアの生活環境大国、産業・経済革新のための協力プラン」に寄与することも期待される。



◆「日露をつなぐ未来共創リーダー育成プログラム」

 文部科学省平成29年度大学教育再生戦略推進費「『大学の世界展開力強化事業』~ロシア、インド等との大学間交流形成支援~」の採択事業。

 日本とロシアの互いの「特殊性」と「普遍性」から、各人の専門知識・技術を駆使して新時代の価値を創造し、それを礎に両国の未来を共に創り上げていくことのできるリーダーを育成することを目的とするもので、最大5年間(17年8月事業開始)実施される。



【連携大学・機関】

 カザン連邦大学

 クラスノヤルスク医科大学

 ロシア科学アカデミー極東支部

 極東連邦大学

 国立イルクーツク大学

 国立アルタイ大学

 サンクトペテルブルク医科大学

 タタルスタンがんセンター

 理化学研究所



○金沢大学HP

・大学の世界展開力強化事業 日露をつなぐ未来共創リーダー育成プログラム キックオフシンポジウムを開催

  https://www.kanazawa-u.ac.jp/news/53901

・文部科学省「大学の世界展開力強化事業」に採択

  https://www.kanazawa-u.ac.jp/news/50609





▼本件に関する問い合わせ先

金沢大学総務部広報室

TEL:076-264-5024





【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/