AGARAKiiLifeみかんKiiSearch
ホーム > Digital PR Platform

The Second Stage at GG #49 秋山 花 展「THE WISDOM OF YOU」開催
2018年10月11日 10時0分0秒


[画像1]https://digitalpr.jp/simg/2/29235/350_101_201810101434425bbd8f72b58a4.jpg



株式会社リクルートホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 兼 CEO:峰岸真澄)が運営するギャラリー「ガーディアン・ガーデン( http://rcc.recruit.co.jp/gg/
)」では、2018年10月23日(火)から11月16日(金)の期間、「The Second Stage at GG」シリーズの49回目として、秋山 花 展「THE WISDOM OF YOU」を開催します。本シリーズは、ガーディアン・ガーデンの公募展入選者の中から、各界で活躍する作家の、その後の活動を伝えるための展覧会です。



――――――――――――――――――――

秋山 花 展「THE WISDOM OF YOU」について

――――――――――――――――――――



秋山 花は、手描きの絵をコラージュして独自の物語性を持たせたポスター作品で、第25 回グラフィックアート『ひとつぼ展』ファイナリストに選出されました。その後もアワードや展覧会で高い評価を得て注目を集め、書籍、雑誌、CD、広告などを中心にイラストレーターとして活躍しています。2014年にはニューヨークADC賞銀賞を受賞。現在、雑誌『暮しの手帖』や『tocotoco』などで挿絵を連載しています。



現在、2歳男児の母として、育児をしながら制作活動を行っている秋山 花。本展では、自身の育児経験から着想を得て、日常の中での問い、気づき、不安や喜びなどをテーマに描いたイラストレーションの作品を展示します。本展のために描き下ろした、少年を描いたシリーズ「Reading」では、人が本と出会い、物語の世界に引き込まれる姿が描かれています。誰に教わるでもなく、自ら考え理解しようとする男の子のイラストレーションは、温かみのあるやさしいタッチでありながらも、どこか幻想的で、時に残酷さをも感じさせる、子ども独特の創造性を力強く伝えます。次々と体の色を変化させながらさまざまな場所を飛んでいくカラスの姿を手描きで制作したアニメーション作品も展示。このほか、無印良品やIDÉE、雑誌『暮しの手帖』などのクライアントワークも展示します。多彩な作品が一堂に会する展示をぜひご覧ください。



――――――――――――――――――――

開催概要

――――――――――――――――――――



■企画展名

The Second Stage at GG #49

秋山 花 展「THE WISDOM OF YOU」

■会期

2018年10月23日(火)~11月16日(金) 11:00~19:00 日曜休館 入場無料

■会場

ガーディアン・ガーデン

〒104-0061 東京都中央区銀座7-3-5 ヒューリック銀座7丁目ビル地下1階

TEL 03-5568-8818 http://rcc.recruit.co.jp/gg/

■オープニングパーティー

2018年10月23日(火)19:00~20:30

■トークイベント

「イラストレーションのこと 『ぼく』のこと」

松浦弥太郎(エッセイスト/クリエィティブディレクター)×秋山 花

2018年10月31日(水)19:10~20:40 参加無料・要予約

*詳細はhttp://rcc.recruit.co.jp/gg/



――――――――――――――――――――

作家プロフィール

――――――――――――――――――――



秋山 花 Hana Akiyama(イラストレーター)



1984年生まれ。

多摩美術大学グラフィックデザイン学科卒業。多摩美術大学大学院博士課程前期グラフィックデザイン研究領域修了。書籍、広告、雑誌、Web、パッケージ、CD、新聞等でイラストレーションを手がけ、国内、海外での展示で作品を発表。

2014年ニューヨークADC賞銀賞など、国内外で多数受賞。

作品集『"IHATOV" FARMERS' SONG』(2009年PLANCTON)、絵本『ソックモンキーのおくりもの』(2010年講談社)(造本装丁コンクール審査員奨励賞)を出版、等。

雑誌『暮しの手帖』、雑誌『tocotoco』、文芸誌『MONKEY』、他、各方面で挿絵連載中。



――――――――――――――――――――

作家挨拶

――――――――――――――――――――



母になることは、想像していたものとは少し違った。1人の男子の成長が、こんなにも興味深く、魅力的で、奇妙で、こうも自分に刺激を与えてくれるものだとは思っていなかった。今の私の制作のそばでは、男の子が全力で生きている。そして、毎日、私はそれを観察している。



羨ましいほどの好奇心と少年心に感化され、制作意欲が以前よりも増した。投げかけられる沢山の問い、気づき、不安、複雑さ、そして猛烈な速度で進む発育。



正解なき答えを抱え、考えながら、1枚ずつじっくりイラストレーションを仕上げました。過去のお仕事も合わせて展示させて頂きます。



――――――――――――――――――――

【本件に関するお問い合わせ先】

https://recruit-holdings.co.jp/support/form/

――――――――――――――――――――