AGARAKiiLifeみかんKiiSearch
ホーム > Digital PR Platform

台湾を代表する食品産業8社、台湾政府機関主導により
JFフードサービスバイヤーズ商談会2018に
「台湾パビリオン」を出展
2018年11月9日 10時49分0秒


~食の宝島台湾から日本で人気の食材とトレンドをまとめて紹介~



[画像1]https://digitalpr.jp/simg/1015/29714/500_281_201811090932505be4d5b24eb17.jpg



台湾の政府機関である、台湾行政院 農業委員会(日本の農林水産省に相当)は、来る11月13日(火) 10:00~17:00の日程で、五反田TOCビル13Fで開催される「JFフードサービスバイヤーズ商談会2018」に、台湾の食品産業を代表する8の企業・団体、500以上の食品・飲料・嗜好品等を集め「台湾パビリオン」を出展します。同パビリオンでは、美味しさと安全性で信頼され、日本で人気の高い伝統的台湾食材のほか、日本の観光客、台湾食ファンの皆様から寄せられた最新の流行やトレンドが紹介、展示されます。



「JFフードサービスバイヤーズ商談会2018」(主催:一般社団法人日本フードサービス協会)は、国内外より農畜水産物をはじめ、加工食品や調味料、飲料などの外食向け食材・産品、さらに外食に関連する厨房機器や安全衛生、環境、IT、容器・包装などの商品を外食企業および外食産業を支える生産・加工・流通関連企業・団体を対象にした商談展示会で、国内外から100社以上の有力企業・政府団体が出展します。



台湾は、日本と同様美しい太平洋に位置し、熱帯および亜熱帯の気候に恵まれ、四季折々の物産に恵まれる、あたかも宝のいっぱいあるような島国です。台湾は従来より食品の安全、衛生、環境面からも国家で総力を挙げて取り組んできました。日本の皆様の豊かで繊細な嗜好にも好評なだけでなく、国際的な規格、認証はもちろん、きわめて厳しい日本のお客様からの各種独自基準にも充分適合する高い信頼性を得ています。



国内からの出展の多い同商談会にあって今回の台湾パビリオンは海外からの出展となりますが、日本と同様美しく豊かな海に囲まれた台湾から、数々の海の幸、山の幸が紹介されます。また、レストラン・店舗を始めとする外食産業の皆様に、日本の皆様に人気の最先端トレンド、流行を紹介し、これらを反映した新しい食材・メニューも提案します。 ブース内には各製品の試食も豊富に揃え、皆様のご来館を心よりお待ちしております。



【台湾パビリオン概要 :JFフードサービスバイヤーズ商談会2018会場内】

開催日: 2018年11月13日(火) 10:00~17:00

会 場: TOCビル・五反田 13階 【地図】 

東京都品川区西五反田7-22-17

出展分野: 水産加工食品、、野菜、薩摩芋、ハタ、からすみ、デザート、台湾茶など 

高品質で安全な台湾農産特産品

台湾パビリオン内で出展する8の企業・団体、および各出展内容などは、下記資料をご参照下さい。

[画像2]https://digitalpr.jp/simg/1015/29714/700_917_201811090935375be4d659dcd51.jpg

[画像3]https://digitalpr.jp/simg/1015/29714/700_908_201811090936445be4d69cc0ec8.jpg

[画像4]https://digitalpr.jp/simg/1015/29714/700_896_201811090936525be4d6a4d3d8f.jpg





■参考情報

(台湾)行政院農業委員会 -COUNCIL OF AGRICULTURE EXECUTIVE YUAN R.O.C - について:

[画像5]https://digitalpr.jp/simg/1015/29714/257_69_201811091007535be4dde937d6e.jpg
[画像6]https://digitalpr.jp/simg/1015/29714/257_37_201811091010415be4de915e278.jpg



行政院農業委員会は中華民国(台湾)行政院に属する行政機関(日本の農林水産省に相当)で、台湾の農業、林業、漁業、畜産業及び食料・食品行政を所管しています。1912年、農業、林業、商工業を所管する産業省創設を起源とし、現在は60のオフィス、23の組織と37の支部が設置されています。同委員会の所管事項には、各種規制、販売・輸出入促進、農業研究、価格支援や農業補助金、植物病害や外来種対策等も含まれます。各県・市や部局を連携させ、農、林、漁業等に関するより特化した政策分野にも取り組んでいます。農村地域省、食品や食材の品質、食品の安全、並びに消費者保護、自然環境に関連した多数の農業関連省庁を管轄しています。



China Productivity Center (CPC) -中国生産力中心- について:

China Productivity Center(中國生產力中心:以下、CPC)は、台湾の各産業の生産性向上と支援を目的に、1955年、台湾最初で最大の経営コンサルティング組織として設立された財団法人です。現在同センターでは、台湾産業、企業などに対する財務、技術革新、R&D、人事・組織制度、QC、EHS等の経営コンサルティング、付加価値創造や認知度向上支援、政府事業の計画・調査・立案支援、台湾政府関連諸機関からの各種受託事業、教育事業、出版事業等を主たる所管事項としています。

以上



ご取材のお問合せ、その他本件に関するお問い合わせ先

中國生產力中心 China Productivity Center 広報代理:

プラップジャパンCS8部 担当:高橋、谷本

TEL:03-4570-3191 FAX:03-4570-3189 Email:cpc_tw@ml.prap.co.jp

















China Productivity Center (CPC) -中国生産力中心- について:

China Productivity Center(中國生產力中心:以下、CPC)は、台湾の各産業の生産性向上と支援を目的に、1955年、台湾最初で最大の経営コンサルティング組織として設立された財団法人です。現在同センターでは、台湾産業、企業などに対する財務、技術革新、R&D、人事・組織制度、QC、EHS等の経営コンサルティング、付加価値創造や認知度向上支援、政府事業の計画・調査・立案支援、台湾政府関連諸機関からの各種受託事業、教育事業、出版事業等を主たる所管事項としています。

https://www.cpc.org.tw/en-us





関連リンク

(台湾)行政院農業委員会 -COUNCIL OF AGRICULTURE EXECUTIVE YUAN R.O.C - について:

https://eng.coa.gov.tw/

JFフードサービスバイヤーズ商談会2018

http://infomart.co.jp/emp/jf/2018_presentation.asp