AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

アカイカ釣れる 紀南沖で

 紀南沖でアカイカ(ケンサキイカ)が釣れている。釣り人によると、サイズは胴長約15〜20センチとまずまず。ポイントは串本町沖から白浜町沖の水深40〜60メートルの海域。秋ごろまで楽しめるという。

 仕掛けは、イカの繊細な当たりを楽しむイカメタル(ナマリスッテ)が人気になっている。田辺市内の釣具店でもさまざまな関連グッズが売られており、ナマリスッテは30〜60グラムが中心。枝針に付けるのは2・5号のウキスッテか5センチほどの小型エギ。色はさまざまで緑系や赤系、白黒も人気がある。

 道糸はPEラインの0・4〜0・8号。リーダーはフロロカーボンの1・5〜2号。さおは先調子の柔らかい専用のものが売られている。しゃくったり、止めたりしながら、変化する釣れる水深を探っていく。

 従来の仕掛けでも狙える。60号ほどの重りを付け、ウキスッテ2・5〜3号を4、5個付ける。さおは柔らかめを選び、さおのしなりでイカを誘う。

 アカイカは、ショウガじょうゆで食べる刺し身は格別で、バター炒めも酒のさかなにぴったり。身に甘みがあることから「アマイカ」と呼ぶ地域もある。

(海)


写真【紀南の沖で釣れているアカイカ】

更新)