AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

ホンダワラ入荷始まる 秋のイガミ釣り

 いよいよ秋磯シーズン。紀南各地の釣具店にイガミ(ブダイ)釣りの餌に使うホンダワラの入荷が始まった。この時季は全長30センチ前後の小・中型が中心となるが、40センチ超の良型も交じる。釣具店によると入荷時期は例年並みだという。

 ホンダワラを餌に使う場合はウキ釣りが中心。仕掛けは2、3本の枝針が一般的だが、5、6本の胴突きを使う釣り人もいる。この場合、事前に多数の針にホンダワラを付けるという作業が必要。なかなか磯の上ではしんどい作業になるからだ。

 ウキは感度の良い羽根ウキの1〜3号がおすすめ。ウキ下は海底から少し上げるように調整する。ただし、魚の活性や潮の干満などでウキ下は変化するので、細かい調整が釣果につながるという。

 6・4メートル以上の柔らかい長ざおを使ったズボ釣りも面白い。重りは1号以下。ハリスは長くしてホンダワラが海中を漂うようにする。これも枝針にしている人が多い。

 ホンダワラが店頭に並んでも、カニなどの甲殻類でズボ釣りを楽しむ人も結構いる。外道としてアオブダイやイシダイ、イシガキダイ、大型のベラ類などが掛かってくる妙味があるからだ。このため、太仕掛けで挑んでいるようだ。

 イガミの食べ方は、地域によって違うが、おすすめは煮付け。小型は干物か塩焼きがおいしい。においが気になる人もいるが、身離れが良く、水炊きもなかなかのもの。 (海)


【田辺市内の釣具店に入荷したホンダワラ】

更新)