AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

タチウオ釣れ始める、サイズは小さめ 紀南沿岸

 紀南の沿岸でタチウオが釣れ始めた。サイズは小さく、幅が「指2、3本」と良型は少ないという。釣り人らは「今後、サイズが大きくなってくるのでは」と期待している。

 釣り方は、テンヤやタチウオ専用ジグヘッドを使ったルアー釣りとキビナゴを餌にした一般的なウキ釣りがある。

 テンヤ釣りは、専用のゴム製ドジョウをテンヤに針金で取り付けるという簡単なもの。ドジョウは白い蛍光色の方が食いがよいようだ。キビナゴやイワシの切り身などの生餌を付ける人もいる。道糸はナイロンなら2〜3号、PEラインは1号前後。鋭い歯に対応するため、ワイヤリーダーを付ける。ルアー近くにケミカルライトを付けると効果があるようだ。

 最近はワーム(ソフトルアー)を使ったワインド釣法も人気があって、専用のジグヘッドやワームが多数売られている。

 ウキ釣りでは、2本針を使う人が多い。キビナゴの頭と胴の部分に針を刺して投入、当たりを待つ。針に掛かるまで時間がかかるため、ウキが沈んで一息つくぐらい待って合わせる。イワシやアジなど他の魚も小さければ代用できる。歯が鋭く、ハリスはワイヤやPEラインを使う。近くにケミカルライトを付ける。 (海)


【紀南沿岸で釣れ始めたタチウオ】

更新)