AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

ルアーでガシラ狙い 本格化は2月後半から

 紀南の沿岸で「カサゴ」(=ガシラ)釣りの季節がやって来た。釣り人らによると、本格化するのは2月後半からだという。

 ガシラといえば生餌で穴釣りだが、最近は気軽に楽しめるソフトルアーで狙う釣り人が増えている。ジグヘッドにワームを取り付けるのが一般的。ワームのサイズはいろいろあって、におい付きも売られている。

 釣り方は4〜8メートル投げて海底をちょんちょんと引き寄せてくる。ゆっくりはわせてもいいが、根周りを狙うので、引っかかることが多い。それを防ぐため、重りを針の下に付けるダウンショットリグを使う釣り人もいる。

 生餌を使った穴釣りでは、2メートル前後の腰の強いさおを使う。道糸、ハリスとも3〜5号。重り1〜3号、針は13号前後の大きなもの。釣具店には小型のテンヤや穴釣り仕掛けが売られている。餌はスーパーや釣具店で簡単に手に入るキビナゴ、サンマやイカの切り身などがいい。オキアミでも対応できる。

 3月ごろまで繁殖期で、もしおなかに卵を持っていそうなガシラを釣り上げたら、今後のためにリリースしよう。 (海)


写真【シーズン到来のガシラ釣り(和歌山県田辺市新庄町で)】

更新)