AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

イサキ釣りいこらよ カゴやフカセで

 初夏を迎え、紀南にイサキ釣りの季節がやって来た。今のところ、釣果はいまひとつのようだが、磯や船で全長25〜40センチのものがぽつぽつと釣れている。釣り人は「脂が乗っておいしくなる季節。今後数が出てくるのでは」と期待する。

 イサキは紀南地方でイサギと濁って発音する。和歌山南漁協は「紀州いさぎ」の名でブランド化を進めている。印南町は町の魚として登録してPRしている。麦秋に産卵期を迎え、そのころのものを「麦わらイサギ」と呼んで重宝がられる。

 磯釣りの場合、カゴ釣りで狙う釣り人が多い。2〜5号のウキと重りをポイントによって使い分ける。ハリスは2〜4号、夜釣りは太めを使う。一般にスピニングリールだが、ベイトリールで遠投する地元の釣り人もいる。

 フカセ釣りも面白い。仕掛けはグレ釣りと同じでいいが、夜は昼間より一回り太い方が安心する。

 カゴ、フカセとも刺し餌はオキアミ、まき餌はアミエビという組み合わせが多い。まき餌にオキアミを刻んだものや集魚剤を混ぜる釣り人もいる。

 船釣りでも狙える。日高地方では鉄仮面と呼ばれるステンレス製のまき餌入れにアミエビを入れてサビキで釣るのが主流。田辺湾や周辺ではオキアミを餌にまき餌カゴを付けたズボ釣りや、完全フカセなどが行われている。


写真【釣りのシーズンを迎えたイサキ】

更新)