AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

フカセでカツオ狙い 串本沖

 串本町沖でカツオが釣れている。餌にオキアミを使ったフカセ釣りで狙う。大きさは全長50〜60センチ、重さ2・5キロ前後とまずまず。多い人で10匹以上を釣り上げる。

 釣り人によると、釣れているのは古座沖から和深沖にかけて。仕掛けはイシダイ用などのカウンター付き両軸リールにフロロカーボン8〜14号を200メートル以上巻き、ヒラマサ用などの太軸針12〜15号を直接結び付ける。専用針も売られている。さおは2〜3メートルほどの硬調の船ざお。

 釣り方はまき餌をまきながら約30メートル流して当たりを待つ。待っている間も少量のまき餌をまく。当たりが来たら一気に取り込む。あまり走らせると隣の釣り人の仕掛けに絡んでしまう。中には4キロを超える良型も交じる。今は餌取りのマルソウダやサバが多い。それをまき餌でかわせるかで釣果に差が出てくるという。

 カツオの食べ方は刺し身やたたきが中心になるが、新鮮な身を使った生節もご飯のお供においしい。 (海)


写真【串本町沖などでフカセで釣れているカツオ】

更新)