AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

アイゴ釣りの季節 20〜25センチ中心

 猛暑が続いているが、紀南沿岸でアイゴ釣りの季節が訪れている。今、釣れているサイズは全長20〜25センチほど。

 仕掛けはグレのフカセ釣りと一緒だが、小さな当たりを取るため、棒ウキを使う人が多い。ただ、波風がある時は玉ウキに切り替える。

 ウキの浮力は0・5〜1号。当たりが取りやすいように、重りを足して棒ウキの先端が5センチほど見えるように調整する。ハリスは2〜3号。針は伊勢尼6〜8号やチヌ3号など。

 田辺市内の釣具店によると、餌は酒かすが人気だという。ほかにサナギや専用の練り餌なども売られている。専用のまき餌もあるが、サナギのミンチにアミエビやオキアミなどを混ぜてオリジナルのまき餌を作る人もいる。

 釣り人によると、当たりは小さく、合わせが肝心だという。ウキ下は水深にもよるが1ヒロ半前後と浅く、潮が止まった時に食い気が立ってくるようだ。

 引きは強烈で、釣り味は抜群。背びれや腹びれ、尻びれには毒とげがあるので気を付けよう。田辺地方では干物が有名だが、ベテランの釣り人から、刺し身で食べてもおいしいと聞いた。まだ試したことはない…。 (海)


写真【釣れ始めたアイゴ】

更新)