AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

ホンダワラ入荷始まる 秋磯シーズン到来

 釣具店にイガミ(ブダイ)釣りで餌に使う海藻ホンダワラの入荷が始まった。残暑は続くが、紀南に秋磯シーズンの到来だ。この時季は全長30センチ前後が中心となるが、40センチ前後の良型も交じってくる。台風一過に出掛けてみよう。

 ホンダワラを餌に使う場合はウキ釣りが中心。仕掛けは2〜3本の枝針が一般的。針にうまく刺せるように前日に手入れをする釣り人もいる。中には5〜8本の胴突きを使う強者もいる。

 ウキは1〜4号。ウキ下は海底から少し上げるように調整する。釣り人によると、イガミの活性状態や潮の干満などでウキ下は常に変化するので、細かい調整をすることで釣果に差が出るという。

 6・4メートル以上の柔らかい長ざおを使ったズボ釣りも面白い。重りは1号以下。ハリスはナイロンを使い長くしてホンダワラが海中を漂うようにする。この場合も2、3本の枝針を使う。

 ホンダワラが出回っても、カニやエビなどの甲殻類を餌に使う人もいる。基本はズボ釣りで、外道としてアオブダイやイシダイ、イシガキダイ、大型のベラ類などが掛かってくる。このため、ハリスも10号以上の太仕掛けで挑んでいるようだ。

 イガミの食べ方はさまざま。小型は干物や塩焼きがおいしい。煮付けもいいが水炊きもなかなかいける。 (海)


写真【入荷が始まったホンダワラ】

更新)