AGARAKiiLife縺ソ縺九sKiiSearch

子育て情報

講座とワークショップ(11月10、17、18日)
 田辺市周辺で活動する市民団体「カルチャーofキッズ」(杉本祐子代表)は11月、0〜3歳児や発達障害児の保護者らを主な対象に、講座とワークショップを開く。講師は、あそびを通して子どもと大人が共に考える力を育てる活動に取り組むNPO「あそび環境Museumアフタフ・バーバン」(東京都)のスタッフ。杉本代表は「親はあそんでいるつもりでも、子どもに対して指導や指示の態度で接してしまいがち。親と子があそび合う楽しさを伝えたい」と話している。

 「パパママ講座〜あそびは子どもの主食です!」は11月10日午後1時〜3時、田辺市たきない町の南和歌山医療センター2階地域医療研修センター講堂で開く。

 講師は、アフタフ・バーバンの北島尚志代表。あそびが子どもたちの育ちにとって大切であることを、実例を交えて話す。午後3時15分〜4時15分は交流会として、北島さんと参加者が交流、質問する時間にする。

 対象は0〜3歳児の保護者、発達障害児の保護者、祖父母、出産前の夫婦、子育て支援に関わる人や関心のある人。

 講座、交流会とも参加費無料で、事前の申し込みも不要だが、子ども連れでの参加はできない。託児希望者は10月22〜27日にメール(cultureofkids@gmail.com)で申し込む。託児は1人千円で、人数制限がある(先着順)。

 親子であそぶワークショップ「ちちんぷい、大きくなあれ!」は11月17、18日に同市新屋敷町、紀南文化会館4階和室で開く。アフタフ・バーバンのスタッフがサポートする。

 参加費は親子2人一組500円。両親やきょうだいで参加する場合は1人あたり300円追加する。

 【A】17日午前10時〜正午は未就学の発達障害児と保護者【B】同日午後2時〜4時は2〜3歳児と保護者【C】18日午前10時〜正午は0〜1歳児と保護者が対象で、いずれも定員は25組。

 参加希望者は10月22日〜11月3日に(1)参加希望のワークショップ名(A〜C)(2)参加を希望する保護者全員の氏名(3)子どもの名前(ふりがな)と性別、年齢(4)メールアドレス(5)携帯番号(6)住所―を書き、メール(cultureofkids@gmail.com)で申し込む。希望者多数の場合は、11月10日の講座参加者を優先的に抽選する。

 田辺市の地域保健福祉推進補助金事業「共に生きよう!子どもの時間」として開催。市教育委員会後援。

 問い合わせは、カルチャーofキッズ(090・9852・7580)へ。


(2018年10月11日更新)