AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

太陽光発電、景観に配慮を 和歌山県がガイドライン

 大規模な太陽光発電施設は、世界遺産周辺などの景観悪化につながる恐れがあるとして、和歌山県は新設や増改築にあたり、業者に施設を目立たなくするよう、配慮を求めていく方針を決めた。県への届け出が必要な対象も拡大する。県はガイドラインを策定し、早ければ4月ごろから適用したいといい「景観への影響を最小限に抑えたい」としている。


[続きを読む]

更新)