AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

パンダ「永明」に父の日のプレゼント 白浜

 和歌山県白浜町のアドベンチャーワールドは18日、父の日のイベントとして雄のジャイアントパンダ「永明(えいめい)」に氷などをプレゼントした。永明は同施設で生まれた14頭のパンダの父親。

 この日は、麻袋に竹の葉とタケノコの皮を詰めた特製サンドバッグもプレゼント。スタッフが袋の表面にパンダの子どもの似顔絵とともに「いつもありがとう」や「ずっと元気でいてね」という感謝を込めたメッセージを書いた。永明はサンドバッグに抱きついたり、じゃれついたりしてうれしそうにした。

 大阪府枚方市から家族3人で来た会社員の岡町悠介さん(30)は「すごく元気だなと思った。まだ子どもは1人なので、こんなふうになりたい」と笑顔を見せた。

 永明は1992年9月14日生まれの24歳。人間でいうと70歳を過ぎている。体長約180センチ、体重約115キロ。これまで2008年に死んだ梅梅(めいめい)との間に6頭、良浜(らうひん)との間に8頭の子をもうけている。


【プレゼントされた特製サンドバッグに抱きつく永明(18日、和歌山県白浜町のアドベンチャーワールドで)】

更新)