AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

パンダ特急お目見え JR白浜駅で歓迎

 車両の先端をパンダの顔にデザインした、JR西日本の特急列車「パンダくろしお『Smileアドベンチャートレイン』」の運行が5日から始まった。5頭のジャイアントパンダを飼育している「アドベンチャーワールド」がある和歌山県白浜町のJR白浜駅では、到着したパンダくろしおを関係者らが歓迎した。

 JR西日本の今年発足30周年とアドベンチャーワールドの来年開園40周年に合わせた企画で、京都駅から新宮駅間を走る特急に導入。車体の外装や車内の座席カバー、扉にもレジャー施設で暮らす動物をデザインした。

 この日は午前8時49分に天王寺駅を出発した臨時列車が、11時8分に白浜駅に到着。町や白浜観光協会、町商工会、白浜温泉旅館協同組合の協力で、約200人の乗客をフラダンスの披露やレイのプレゼントで歓迎した。

 運行は2019年11月ごろまでの予定。6日からは通常の特急列車として運行するが、時刻は日によって異なり、運転のない日もある。

 問い合わせは、JR西日本お客様センター(0570・00・2486)へ。

【多くの人の歓迎を受けながら白浜駅に到着した「パンダくろしお」(5日、和歌山県白浜町で)】

更新)


ロード中 関連記事を取得中...