AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

イカ墨画入賞決まる すさみのコンクール

 すさみ町観光協会(和歌山県)の催し「イカ墨で描く水墨画コンクール」の入賞作品が8日、決まった。グランプリには米国ネバダ州から応募した小名川佐和子さんの作品が選ばれた。

 「夏の味覚祭り」の一環で協会が6月15日〜8月31日に作品を募った。町のイカをPRしようという企画で、今回は18回目。20人から計30点の応募があった。イカ墨独特のセピア色でイラストを表現した作品がほとんどだった。

 同町江住の「道の駅すさみ」で審査会があり、協会役員や串本町大島のグラフィックデザイナー安田信太郎さんらが審査。グランプリのほか、優秀賞と入選(それぞれ2点)を選んだ。

 入賞作品は拡大コピーし、近く、道の駅すさみやJR周参見駅に展示する。協会は入賞者に町の特産品を贈る。

 グランプリ以外の入賞者は次の皆さん。

 優秀賞=東口ユリ子(大阪府熊取町)、妹尾敦子(神奈川県鎌倉市)
 入選=辻典子(大阪府岸和田市)、石堂博子(同)


写真【グランプリに選ばれた小名川佐和子さんの作品】

更新)