AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

農家と障害者支援施設が連携 耕作放棄地で野菜作り

 和歌山県田辺市上芳養の若手農家でつくる「チームひなた」(岡本和宣代表)と障害者支援施設「第二のぞみ園」が、休耕地で野菜作りを始めた。地域交流と施設利用者の収入確保が目的。作った野菜は来年2月の福祉イベントで販売する。

【チームひなたのメンバーから農作業の指導を受ける第二のぞみ園の職員と利用者(和歌山県田辺市上芳養で)】

[続きを読む]

更新)