AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

熊楠関連施設の来館者増加 生誕150周年で注目

 今年、和歌山県田辺市で後半生を過ごした世界的な博物学者、南方熊楠(1867〜1941)が生誕150周年を迎え、話題になっていることで、田辺市中屋敷町の南方熊楠顕彰館や白浜町の南方熊楠記念館の来館者が増えている。年齢層が幅広く、団体客が多いという。顕彰館は14日に来館10万人の到達を見込んでいる。

【館内に展示された南方熊楠の資料を見る来館者(11日、和歌山県田辺市中屋敷町で)】

[続きを読む]

更新)


ロード中 関連記事を取得中...