AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

串本町が観光カレンダー フォトコン入賞作を掲載

 和歌山県串本町は2018年の町観光カレンダーを千部作った。17年度町観光フォトコンテストの入賞作品17点を掲載したもので、町観光協会と古座観光協会で800円(税込み)で販売している。

 同フォトコンには県内外の28人から190点の応募があった。今年9月初旬にグランプリ1点、準グランプリ2点、審査員賞2点などを審査で選んだ。

 グランプリに選ばれた山本早苗さん(田辺市)が、串本町出雲でスルメイカを干している場面を撮った作品「朝日に染まる」は1月の写真に使われている。橋杭岩や熊野古道大辺路、重畳山からの眺望など町内の観光地の他、チューリップや潮岬望楼の芝キャンプ場の夕景など、これまでのコンテストには出品されていなかったような風物詩を撮ったものもある。

 カレンダーには日ごとに、満潮と干潮の時間、日の出と日の入りの時間、月の満ち欠け、六曜を載せている。祭りやイベントの日の紹介もしている。


【串本町観光フォトコンテストの入賞作品を使ったカレンダー】

更新)