AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

「地域を挙げた態勢を」 紀伊半島一周高速で二階氏

 自民党幹事長の二階俊博衆院議員(和歌山3区)は23日、出席した新宮紀宝道路の起工式に関連し「夢のように語られてきた高速道路の紀伊半島一周について『可能性が出てきた』と誰もが感じ取れたのではないか」と話した。その実現に向けては「県や市町村など地域を挙げて進める態勢が必要」との考えを示した。

 二階氏は同日、南紀白浜空港(和歌山県白浜町)で会見した。

 高速道路については「地域が必要性を訴えていることと、用地買収などの進捗(しんちょく)具合との間で乖離(かいり)があるように思えてならない」とも指摘。早期整備には県民の協力が重要になるとの認識を示した。

 県内の高速道路を巡っては、すさみ町と串本町を結ぶ「すさみ串本道路」は国が事業化し、県が用地買収を進めている。串本町から太地町方面までを結ぶ区間は、計画はあるが事業化されていない。

 二階氏は、原子力発電所から出る使用済み核燃料の中間貯蔵施設に対する考えも語った。「(受け入れには)プラス面もマイナス面もある。地元でよく研究、検討した上で判断されればよいと思う」などと話した。


写真【紀伊半島を一周する高速道路整備について語る二階俊博・自民党幹事長】

更新)