AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

「課題解決し未来へ」 仕事納め式で仁坂知事

 官公庁で28日、仕事納め式があった。和歌山県庁では仁坂吉伸知事が課室長以上145人を前に訓示。さまざまな課題を挙げた上で「一つ一つ解決して未来につないでいくのも私たちの仕事。皆少しずつ努力することで、和歌山の方々も喜んでくれるし、県政も発展していく」と激励した。

 道路整備が進んだことや世界的旅行雑誌が「訪れるべき地域」の上位に紀伊半島を選んだことなど、喜ばしい出来事を挙げた一方、台風21号の影響で紀の川市の農道が崩れ犠牲者が出たことについて、同日責任を認めて陳謝したことにも触れた。「われわれもつらいが、亡くなられた方やご遺族、避難生活を余儀なくされている方はもっとつらい。われわれはそういう方々に寄り添いながらやっていかないといけない」と述べた。


写真【仁坂吉伸和歌山県知事(左)から訓示を受ける県職員=28日、和歌山県庁で】

更新)