AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

自由な表現感じて 田辺市で障害者アート展

 障害のある人たちの芸術作品を紹介する「アールブリュット和歌山展」巡回展が、和歌山県田辺市新屋敷町の紀南文化会館で開かれている。20〜70代の45人が自由な感性で表現した絵画や陶芸など100点以上を展示している。16日まで。無料。

 アールブリュットは、「加工されていない生(き)の芸術」などを意味するフランス語。英語では「アウトサイダーアート」と訳されている。

 アートを通じ、障害者への理解を深めてもらおうと、県福祉事業団が県内の障害者支援5団体と連携して開催している。展示会は3回目。今回は4会場を巡回する。田辺市は3会場目で、初開催。

 会場にはポップな色彩の絵画や見る者の想像をかき立てるペン画、虫型ロボットのオブジェ、ユニークな形の陶芸などが並ぶ。

 作品の隣には作者一人一人のプロフィルを掲示。「普段は臆病で引っ込み思案だけれど、鉛筆を持つと力強い」「きちょうめんで、きれい好き」などと個性が伝わるメッセージを添えている。

 鑑賞時間は午前9時半〜午後5時。10日は休館。問い合わせは県福祉事業団(0739・47・6640)へ。


写真【障害者が自由に表現したアート作品が100点以上並ぶ「アールブリュット和歌山展」巡回展(和歌山県田辺市新屋敷町で)】

更新)