AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

サンショウウオの産卵始まる

 和歌山県紀南地方に春の訪れを告げるカスミサンショウウオ(サンショウウオ科)の産卵が始まった。田辺市内の小川や池などでも卵が詰まった卵嚢(らんのう)が多く見られる。環境省のレッドリストで絶滅危惧2類に分類されている。

 カスミサンショウウオは全長10センチほどの両生類。西日本の平地から丘陵地にかけて分布し、主に農耕地や水辺周辺の雑木林に生息する。年末から3月ごろにかけて浅い水辺で産卵する。卵は5月ごろまでにふ化する。

 田辺市稲成町のふるさと自然公園センターのビオトープでも、水草の茎などに巻いたひも状の卵嚢が確認できた。成体も見つかるがほとんどが雄。産卵のために訪れる雌を待っているという。


写真【池に産み付けられた卵嚢とサンショウウオの雄(和歌山県田辺市稲成町で)】

更新)