AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

災害時の孤立防げ 19市町村で通信訓練

 大規模災害の際に孤立集落が出る恐れのある和歌山県内28市町村で、大雨による集落孤立を想定した通信訓練が続けられている。13日には、そのうち19市町村で訓練があり、参加した住民や職員ら計約600人が通信の認識や操作技術を高め、互いの連携を深めた。

【訓練で通信機器を使って田辺市に状況を報告する和田暢保区長(13日、和歌山県田辺市長野で)】

[続きを読む]

更新)