AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

総額110億7900万円 白浜町が当初予算案

 和歌山県白浜町は5日、総額を110億7900万円とする2018年度一般会計当初予算案を発表した。前年度に比べて3800万円少ない。災害への備えや観光振興策に関する費用などのほか、今後を見据えて基金への積み立て分も盛り込んだ。6日開会の町議会定例会に提案する。

■歳入

 町税は31億968万円。使用料や寄付金などを合わせた自主財源は47億4473万円で、全体の42・8%。割合は前年度より少し増えたが、地方交付税が34億7600万円と全体の3割余りを占めるなど、国や県からの交付金や借金(町債)などへの依存度が高いのは変わらない。

■歳出

 社会保障の関連(扶助費)や人件費など削減が難しい経費は53億475万円で、全体の半分近くを占める。このうち返済に充てる公債費は14億7554万円あり、前年度比で1億円近く増えた。これまでの大型事業のために借り入れた分の元金返済が本格的に始まるという。


写真【2018年度の白浜町当初予算案】

更新)