AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

ミカン半分レモン色 田辺市で見つかる

 和歌山県田辺市芳養町のミカン園で、皮の半分がレモン色に変色した温州ミカン1個が見つかった。

 このミカンは芳養町の農業、岸本一宏さん(56)が出荷用に栽培していた。一般に2Sと呼ばれるサイズで直径約5・5センチ、重さ約60グラム。選別作業をしていて気付いた。

 県果樹試験場によると、遺伝子の突然変異の一つで「キメラ」と呼ばれる現象だという。

 岸本さんは「部分的に緑色になるのはたまにあるが、レモン色に変わったのは初めて見た」と話している。


写真【半分がレモン色になった温州ミカン】

更新)