AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

小さい馬飼っています 白浜町の宿泊施設

 和歌山県白浜町堅田で宿泊施設やレストランを展開する「四季の郷 遊楽」は、敷地内の一画で、馬3頭を飼育している。無料で見学できる。

 飼っているのは体長約1・5メートルのポニー「ケンタ」(3歳)と、ポニーよりも小さいミニチュアホースの「アカベエ」(2歳)と「クロベエ」(1歳)。いずれも雄。

 3頭は昨年末から「ふれあい広場」で一緒に暮らしている。いずれもおとなしい性格で、目線を合わせてから額や首をさすると、気持ちよさそうな表情を見せる。

 同施設は、日本中央競馬会の栗東トレーニングセンター(滋賀県栗東市)で調教助手をしていた樺元誠さん(49)をマネジャーとして招き、3頭の世話を任せている。ケンタは人が乗れるよう練習しているほか、アカベエとクロベエは昼前に広場周辺を散歩させているという。

 施設によると、今後馬小屋などを整備し、レースを引退したサラブレッドや、ばん馬と呼ばれる大きな種も導入する予定。

 施設は県道南紀白浜空港線の「空港入口」交差点の近く。問い合わせは遊楽(0739・43・7464)へ。


写真【ミニチュアホースのアカベエ(手前右)、クロベエ(同左)と、ポニーのケンタ=和歌山県白浜町堅田で】

更新)