AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

田辺市が空き家の実態調査 データ整備し管理へ

 和歌山県田辺市は、市内にある空き家の現状を把握しようと実態調査に乗り出す。活用や解体、跡地利用など適切な管理を進めるためデータを整備する。調査費1400万円を開会中の3月市議会に提案した。

 対象は、過去5年以内に水道を閉栓した住宅。約3千戸ある。これに民間業者の持つデータを照らし合わせて調査する。国の2013年の調査で、市内の空き家は7200戸、空き家率は18・9%だった。

 空き家は、状態を「良好」「普通」「不良」などと大まかに分類。所有者には「活用」「維持管理」「解体」といった意向調査をする。所有者は相続人で、県外に住む高齢者の割合が高いという。

 所有者が「良好」な空き家を「活用」したいと考えていれば、市街地活性化や移住者の住居対策につなげる。市建築課によると、解体の相談を受けるような空き家でも、状態や立地が良く、活用できるものも多いという。

  2017年度は6月から2月末までに38件の問い合わせがあり、うち21件を不良空き家に認定した。すでに11件を解体し、予算をすべて使ったため、開会中の3月市議会で500万円を増額する補正予算案を提出している。

 空き家解体の相談、問い合わせは市建築課建築係(0739・26・9935)へ。


写真【空き家を改修したゲストハウス(和歌山県田辺市湊で)】

更新)