AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

トビの集団数百羽 串本漁港周辺

 和歌山県串本町の串本港やその周辺で、数百羽のトビが群れている。集団で越冬して、暖かくなると散り散りになるとみられている。

 日本野鳥の会県支部会員によると、昨年生まれの若鳥が多く、安全と餌を求めて集まってきているという。漁師や養殖業者のおこぼれにあずかろうと、漁業施設の屋根などに止まって動きをうかがっている。カラスも交じる。

 トビは全長60センチほど、羽を広げると約1・6メートルになる大形のワシタカ類。紀南地方では留鳥として普通に見られ、最もなじみのある猛きん類。動物の死骸や魚などを食べるほか、ヘビやトカゲなどの爬虫(はちゅう)類も捕食する。


写真【漁港の上空で乱舞するトビの群れ(和歌山県串本町で)】

更新)