AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

梅からサクラへ 田辺市、三栖王子跡で見頃

 和歌山県の紀南各地で梅にかわって早咲きのサクラが見頃を迎えている。

 田辺市下三栖の三栖王子社跡近くの山の斜面にも何本かのサクラが植わっていて、鮮やかなピンク色の花を咲かせている。三栖地域が一望でき、遠くには衣笠山が見える。周辺では梅が白い花を散らしており、季節の移り変わりを告げている。

 県道上富田南部線からも山の斜面がピンクに染まったように見える。毎日、通勤で通る車の運転手によると、例年より開花が遅かったという。


写真【見頃を迎えた三栖王子社跡近くのサクラ(7日、和歌山県田辺市下三栖で)】

更新)