AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

夜間の歩行者事故防止へ 量販店に反射材コーナー

 和歌山県警は、夜間歩行中の事故を防ごうと県内のホームセンターの協力を得て「反射材普及促進ピカッとキャンペーン」に取り組んでいる。各店舗で扱っている反射材をレジ周辺で展示してもらうほか、県警が提供した反射たすきなども配布している。

 県警交通企画課によると、キャンペーンに参加しているホームセンターは県内の4社33店舗。地域住民から「反射材を購入したいが販売している場所が分からない」などの意見も寄せられていたといい、寒さが和らぎ夜間や早朝に散歩やジョギングをする人が増えることが予想されるとして、5日からキャンペーンを開始した。

 田辺市文里1丁目のコメリホームセンター田辺店(杉下竜司店長)では、反射材や首に掛けるライトなど約10種類を集めたコーナーを設けている。売り場には他の種類の商品もあるといい、サービスカウンターでは県警からの反射たすきや靴用の反射材、夜間に外出する際の注意点を記したチラシを配布。配布用の反射材は数に限りがあり、なくなり次第終了するという。


写真【ホームセンターで設けている、反射材やライトを集めたコーナー(和歌山県田辺市文里1丁目で)】

更新)