AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

病気療養の那智勝浦町長辞職 再び町長選へ

 和歌山県那智勝浦町は2日、肺がんの闘病中であることを公表していた森崇町長(68)が辞職願を中岩和子議長に提出し、受理されたと発表した。公務を続けていくことは厳しく、治療に専念したいという。森町長は昨年12月24日の町長選で、現職を破って初当選したばかりだった。今月20日に退職する。

 同町の矢熊義人副町長が2日、町役場で記者会見をして明らかにした。「本人も新年度からの復帰をめどにし、私どもも信じていたが、3月22日の検査で病状が改善できていないという医師の診断があった。治療しながら町長職を続けるのは厳しく、町長が決断した」などと述べた。辞職願は矢熊副町長が預かり、3月31日付で議長に提出した。

 森町長は「多くの宿題に、手つかずのまま辞職することに対し、町民の皆さまに心からおわび申し上げます」などとするコメントを出した。

 公職選挙法に基づき、議長は5日以内に町選挙管理委員会に通知。選挙管理委員会は通知を受けた翌日から50日以内に町長選挙を実施する。


更新)