AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

自転車で自然満喫 すさみ〜古座川町でイベント

 サイクリングの催し「サイクルアドベンチャー南紀ライドオンすさみ2018〜古座川ラウンド」(実行委員会主催)が10月21日に開かれる。和歌山県のすさみ町や古座川町などを走る140キロと74キロの2コースがあり、途中に郷土料理が味わえるポイントを設ける。実行委は「大自然を満喫できるコースを楽しみながら走ってもらいたい」と話している。

 すさみ町では、紀勢自動車道の開通で交通量が減った国道42号や周辺を自転車で巡ってもらおうと、さまざまな催しを開いている。昨年の催しは、すさみ町と白浜町を通るコースだったが、今年は古座川町と串本町も含めた。実行委では「将来的には紀南全体をエリアにして開くことも考えたい」と話している。

 140キロのコースは午前7時、すさみ海水浴場を出発。白浜町の日置川沿いを上流に進み、すさみ町の山間部を通って古座川町へ。その後は同町にある道の駅「瀧之拝太郎」まで行って折り返し、串本町和深からすさみ町江住に出て、国道42号で海水浴場へ戻る。先着400人。

 74キロコースは午前9時に海水浴場を出発。江住へ走り、佐本地域に入って古座川町三尾川から江住に戻り、国道42号を通って海水浴場にゴールする。先着100人。

 参加は中学生以上。参加費は140キロは9千円、74キロは6千円。7月31日までに申し込むと千円安くなる。

 問い合わせは、すさみ町産業振興課内の実行委事務局(0739・55・4805)へ。

写真【声援を受けてスタートする参加者(2017年11月の催し)=和歌山県すさみ町周参見で】

更新)