AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

日本最小のトンボ羽化 紀南の湿地や休耕田

 和歌山県紀南地方の湿地や休耕田で、日本最小のトンボ「ハッチョウトンボ」の羽化が始まった。県レッドデータブックでは準絶滅危惧に分類されている。

 ハッチョウトンボは成虫でも2センチ前後にしかならない。羽化は6月中旬まで続き、成虫は8月ごろまで見られる。モウセンゴケなどが生える酸性質の湿地や休耕田で、周辺に豊かな自然が残っているなど生息条件が限られている。成虫の雄は体色が赤で、雌は黄色と褐色のしま模様。

 古座川町が天然記念物としてハッチョウトンボを守っている同町直見の大谷湿田では、早朝、草に止まり、朝露にぬれた羽を乾かす姿が見られる。


写真【露にぬれた羽を乾かすハッチョウトンボの雄(上)、ハッチョウトンボの雌(下)=和歌山県古座川町直見で】

更新)