AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

ミキサー車で水運ぶ 消防と生コン組合が消火訓練

 和歌山県の白浜町消防本部の日置川、すさみ消防署は15日、大辺路生コンクリート協同組合(白浜町日置)と訓練をした。木造家屋が密集する地区で火災が起きたと想定し、ミキサー車で運んだ水を、ポンプ車を使って放水した。

 白浜町とすさみ町は昨年12月、災害時の消火活動に必要な水や、生活用水を、ミキサー車で供給してもらう協定を同組合と結んでいる。

 この日は協定に基づいた初めての訓練。同組合に加盟し、白浜町日置―すさみ町に生コン工場を持つ田所建設(すさみ町周参見)と尾花組(本社・田辺市上の山1丁目)、日置川開発(白浜町日置)が参加。社員や白浜町消防本部の署員ら計約20人が訓練に当たった。

 日置の木造家屋が密集する地区で火災が発生し、延焼して水が不足していると想定。応援要請を受けた日置川開発の大型ミキサー車1台が、日置川消防署で水を入れて駆け付けた。ミキサー車から簡易水槽に水を供給し、署員がポンプ車でくみ上げて放水した。また、すさみ消防署員がドローン(小型無人機)を操縦し、現場周辺の状況を空撮した。


写真【ミキサー車で運んだ水を、ポンプ車でくみ上げる白浜町消防本部署員ら(和歌山県白浜町日置で)】

更新)